目のたるみ治療の凄い効果

看護師の中村です。

私はよく治療効果を検証するために左右違う方法で治療することがあります。人間の顔は多少の左右差があるので、今まで明らかに左右差が出ていても許容範囲と思っていました。が、今回ばかりは許容範囲を超えた左右差が出たのです!

どんな治療かというと目の周りのたるみを取る治療です。下まぶたの「あかんべー」した赤い所から下まぶたの表面、上まぶたの表面から眉毛を含め額の上、こめかみにレーザー照射します。治療名は『スムースアイ』といいます。

画期的なのは下まぶたの『あかんべー』した赤い粘膜部にレーザーが当てられる所。下の粘膜がシュッとすると、上にも良い影響があります。上は上でまぶたに直接レーザーを当てるのでもちろんシュッとします。そして、まぶたの重さが気になる人は額やこめかみのたるみもある為、ここにもレーザーを当てるので更にシュッとします。こんなにレーザーを当てるので、目周りの変化が半端なく出ます。目周りは小さい範囲なので、1ミリ変わるだけで違うのです。

えー、1ミリで変わるの?と思ったかもしれません。私は昔、二重の手術などをしているクリニックで働いていた経験があります。二重の幅を1ミリ変えるだけで、目の印象は変わります。それくらいに目の周りはミリ単位の変化が大きく出るパーツです。

ということで、普段だと患者さんに説明するのに一目瞭然でわかりやすい為、左右差があるまま過ごすのですが、今回ばかりは左右差が許容範囲を超えました。やった方の左目が軽く開くため、やってない右側が開きにくさを感じて疲れるといった現象が起こりました。そこで1ヶ月遅れで右目にもスムースアイをやりました。それくらい左右差か出た治療は私の中では初です!たぶん、両目同時にしていたらこの凄い変化がわからなかったかもしれません笑。それくらいに左右差が出ました。

しかし、スムースアイをやったのに、この凄い変化にあまり気づかない方もいるので、両目一緒に行うとそれくらい自然な変化なのもこの治療の良さなのかもしれません。

中村