しみレーザー

しみをピンポイントに治療する

気になるシミが1ヵ所の場合、ピンポイントで治療できます。
小さい範囲に高い熱エネルギーを照射する治療なのでフォトフェイシャルでもとれにくいシミの治療にも用います。
フォトフェイシャルと異なり、治療後のダウンタイムは目立つ場合が多く、経過も長くなります。
7~10日程度カサブタが生じ、カサブタが取れた後赤みが続きます。
炎症後色素沈着という治療後メラニン色素が一時的に増加する反応が生じる場合もあり、治療後のケアが必要です。
Qスイッチレーザー、ピコスイッチレーザーを用います。

レーザー

  1. レーザートーニング

    肌色を均一に白い肌を目指す

  2. 顔のレーザー脱毛

    お顔のレーザー脱毛で得られるのはムダ毛を減らせることだけではありません。 毛穴から始まる肌トラブルは結構多いです。 ニキビや毛…

  3. ほくろ・いぼレーザー

    炭酸ガスレーザーを用いて治療します。 皮膚の隆起を伴うほくろやイボは炭酸ガスレーザーを用いて治療します。 治療後は一般的な傷痕…

  4. しみレーザー

    気になるシミが1ヵ所の場合、ピンポイントで治療できます。 小さい範囲に高い熱エネルギーを照射する治療なのでフォトフェイシャルでも…