脂肪溶解注射

頬下部の脂肪溶解で小顔を目指す

脂肪溶解注射は小さい範囲の脂肪量をコントロールするのに適した治療です。

特にお顔は脂肪が付きやすい部位を特定して注射することで、減らしたい部分だけを選んで脂肪溶解できるので、輪郭修正や小顔の治療として脂肪溶解注射が望ましい部位です。

お腹や二の腕など、脂肪に深さとボリュームがある脂肪部位の治療はクラツーαなど他の治療が適応になります。

クラツーαが適応外の部位に対しては脂肪溶解注射やHIFUボディがおすすめです。

 

脂肪溶解注射により数日の腫れや痛みを生じます。注射後の内出血の可能性もありますので、治療前はスケジュールをよくご確認下さい。

治療効果や治療回数は個人差があります。2-3回の治療で効果を感じにくい場合は他に適した治療がないか医師の診察を受けて頂きます。

医療痩身

  1. 脂肪溶解注射

    脂肪溶解注射は小さい範囲の脂肪量をコントロールするのに適した治療です。 特にお顔は脂肪が付きやすい部位を特定して注射すること…

  2. 冷却痩身 クラツーα

    ボディラインをよりご自身の理想に近づけるために クラツーαによる治療で気になる部分を痩せさ…

  3. レイクリニックの痩身治療

    痩身治療プロジェクト

  4. ファスティング

    生活習慣の乱れ、食べ過ぎによって長年の間脂肪が蓄積されています。 体脂肪率が多い方(肥満)は、脂肪細胞が大きく5角形で回りに血管…

  5. HIFUボディ

    ハイフボディの利点は脂肪の減少、皮膚の引き締め、脂肪の位置の改善が出来ることです。レイクリニックではただ単に細くするのではなく、脂…