1. HOME
  2. 治療案内:症状別診療メニュー

治療案内

しみ・くすみ

しみ・くすみ

しみもくすみも症状により治療は様々です。症状を診断の上フォトフェイシャル、Qスイッチレーザー、ピーリング、レーザートーニング、スキンケア、イオン導入、ビタミンC療法、内服、ハイドロキノン外用などから適切な治療を行います。顔以外の口唇やボディの色素沈着の治療も可能です。

肝斑

肝斑

治療が難しいといわれている肝斑ですが、レーザートーニング、フォトフェイシャル、トラネキサム酸内服、イオン導入、ハイドロキノン外用、スキンケア指導の複合治療で高い治癒率を維持しています。一言で肝斑と言っても範囲や程度は様々ですので症状に合わせた治療をご案内しています。

しわ・たるみ

しわ・たるみ

しわやたるみの原因や程度を診断した上で治療方針を決定します。まぶたのたるみ、目の下のしわやたるみ、ほうれい線、眉間やおでこのしわ、首のたるみ、しわなどに対し、ヒアルロン酸・ボトックス・サーマクール・アルマ、メソセラピーなどのメスを使わない治療を行います。しわやたるみの改善は最も高い若返り効果があります。サーマクール、eMatrixなど皮膚のゆるみを強く引締める治療が人気があります。

目元のしわ・たるみ

目元のしわ・たるみ

デリケートな目元は加齢の変化や疲れが目立つ部位です。くまが目立ったり二重の幅が狭くなったら早めの治療をおすすめします。まぶたのたるみや目の下のたるみに対し、サーマクールやアルマといった高周波治療やヒアルロン酸やプラセンタ注入などを行っています。また目尻のしわもボトックスやヒアルロン酸で治癒可能です。

口元のしわ・たるみ

口元のしわ・たるみ

自分では気付きにくい口元のシワやたるみですが、目の周りよりも老化症状を際立たせる部位でもあります。年齢や話し方、食事の仕方、姿勢などにより様々な症状が出現します。萎縮や表情筋の変化に対し、ビスタシェイプ、マイクロボトックス、ヒアルロン酸注入などの治療を症状に合わせて行います。皮膚のたるみやリンパの滞りが生じやすい部分なので、超音波、高周波などの治療の組み合わせも効果的です。

にきび

にきび

現在の症状を緩和するだけでなく、今後にきびが出来ない肌質に改善することが当院のにきびの治療方針です。当院ではにきびに対し、ケミカルピーリング、トレチノイン、フォトフェイシャル、レーザー、脱毛、PDT、内服、外用、スキンケアなど多数の治療法を扱っており、コメドや膿胞からニキビ痕まで重症度や状態に合わせた治療法を治療のたびに選択しています。

毛穴

毛穴

毛穴の開きや黒ずみの原因として皮脂の分泌過剰、皮脂の酸化、にきびあと、加齢による肌のたるみ、乾燥、脂漏性皮膚炎などが挙げられます。原因に合わせてケミカルピーリング、フォトフェイシャル、レーザートーニング、うぶ毛脱毛、高周波治療、外用・メディカルスキンケアから治療を選択します。

ほくろ・いぼ

ほくろ・いぼ

ダーマスコープを用いて診断した上で炭酸ガスレーザーによる治療を行うので安心です。治療後赤みが生じますが1回の治療でほくろやいぼは消失します。(再発がある場合は再度治療が必要です。)

タトゥー・あざ

タトゥー・あざ

黒や青のタトゥーならレーザーで治療可能です。また多種のあざもご相談お受けしております。異所性蒙古斑や太田母斑、太田母斑様色素斑、扁平母斑、毛孔性苔癬など、診断の上治療ご案内致します。肝斑と太田母斑様色素斑の合併でお悩みの方もご相談下さい。

赤ら顔

赤ら顔

毛細血管拡張症、乾燥や皮膚炎による赤み、更年期のほてり、酒さなど、レーザー・フォトフェイシャル、プラセンタ等を用いて治療します。日常の刺激が原因になっている赤ら顔も多くあります。肌診断の上、スキンケアの相談も致します。

脱毛

脱毛

ワキや脚、背中などの一般の脱毛部位の他に、口元や眉、顔全体のうぶ毛、男性のヒゲなども治療を行っています。医療レーザー脱毛は治療回数が少なく安全で確実な脱毛方法です。細い毛、うぶ毛も当院は治療を得意としていますのであきらめずにご相談下さい。

きずあと・妊娠線

きずあと・妊娠線

きずあと(肥厚性瘢痕やケロイド、色素沈着、傷の赤み)や妊娠線は程度や症状に応じレーザー、フォトフェイシャル、外用療法、注射療法を用いて治療を行います。治療回数がかかる場合や難治な場合もあるので診断の上治療法をご案内します。

セルライト・痩身

セルライト・痩身

当院ではアメリカの機関FDAに認可されたヴェラシェイプを用いてセルライトの治療を行っています。またヴェラシェイプ、ゼルティックによる痩身治療を行っております。

お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

診察は完全予約制で賜っております。電話受付時間外はお問い合わせからご連絡お願いします。

メールのご相談・お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3569-3255

ページの先頭へ