1. HOME
  2. 症例集(当院治療例)
  3. しみ・くすみ

しみ・くすみ

こんな症状、ありせんか?

ここにはしみと誤診されやすい症状も含まれ、いずれも治療法が異なります。治療を誤ればどれだけ治療を繰り返しても取れることはありません。適切な治療が必要です。

しみ・くすみ治療可能部位

しみ・くすみ治療可能部位

しみ・くすみ、その他色素を伴う皮膚腫瘍治療の種類

フォトフェイシャル

フォトフェイシャル

レーザーよりマイルドな光がメラニンを破壊しシミを取る治療法。ダウンタイムが少なくお仕事他日常生活に影響が少ない治療。シミの改善以外にキメを整え毛孔を小さくする、くすみをなくして透明感を高くするといった治療効果がある。どんな肌質にも合うよう治療設定が可能。

Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザー

シミが取れるまでの治療回数が少ない治療法。当日よりカサブタを形成し、剥がれるまで平均1週間を要する。治療後の炎症後色素沈着や赤みの副反応を生じる場合がある。治療の適応もよく診断することが必要。広い範囲への治療であるフォトフェイシャルと比べ、シミのみの部分的な治療。あざの治療にも用いる。

レーザートーニング

レーザートーニング

くすみ、肝斑、炎症後色素沈着を改善する治療法。カサブタができないマイルドなレーザーで、日常に影響が少ない。くすみ以外にキメを整え毛孔を小さくする作用がある。部分的~広範囲と治療範囲は選択できる。

ハイドロキノン外用

ハイドロキノン外用

シミや炎症後色素沈着の治療に用いる。チロシナーゼ活性を抑制し、メラニン色素を還元して美白作用を呈する。

トラネキサム酸内服

トラネキサム酸内服

肝斑、炎症後色素沈着の治療に用いる。炎症を抑えることでメラニン色素が生成されるタイプのシミに有効。

高濃度ビタミンC内服

高濃度ビタミンC内服

25g以上の高い濃度のビタミンCを時間をかけて点滴する。ビタミンCによるメラニン還元作用があり美白効果が高い。他全身の酸化を予防できる。

高濃度ビタミンC内服

高濃度ビタミンC内服

一般のサプリメントより高濃度の有効量ビタミンCを内服することで、シミ・くすみの改善、肌荒れ改善など、目に見える効果を発揮する。ビタミンCの強い抗酸化作用とメラニン還元作用で、お顔だけでなく体内の抗酸化や手や足のシミ・くすみを改善する。

ビタミンCローション外用

ビタミンCローション外用

表皮におけるメラニン顆粒の還元作用の他、消炎、抗酸化作用により肌を白く健康的に保つ。日常的な化粧水として使用できる。

ビタミンCイオン導入

ビタミンCイオン導入

イオン化したビタミンCを皮膚深部まで届ける治療。外用では届かない表皮深部までビタミンCを届ける。またイオン導入そのものに、肌荒れを抑える役割があり、日常の微細な炎症を抑えて健やかで肌触りのよい皮膚へ落ち着く。

トラネキサム酸イオン導入

トラネキサム酸イオン導入

肝斑や炎症後色素沈着の治療としてビタミンCに加え、トラネキサム酸を導入する。そのほか炎症を鎮め、肌荒れを改善する効果がある。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

新陳代謝が衰えシミやくすみが停滞する肌に用いる治療。角質層を除去し、新陳代謝を改善する。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー

ほくろや疣贅、汗管腫、稗粒腫など隆起した病変に用いるレーザー。

しみ・くすみ治療例

IMG_4100
炎症後色素沈着
治療前写真で写真右寄りと左寄りレーザー照射部位が黒くなっているのが炎症後色素沈着です。治療後写真は1~2週に1回のレーザートーニングの治療後1ヶ月の写真です。治療回数は3回で炎症後色素沈着はほぼ消失しました。一般的には炎症後色素沈着消失には半年以上時間を要します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
目の下の肝斑。難治な肝斑ですが、美容皮膚科治療で完全に消失しました。フォトフェイシャルとレーザートーニング、トラネキサム酸内服により治療を行いました。フォトフェイシャルは肝斑に有効です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
若い女性に多い目の下の薄い肝斑は目立つ上に難治です。フォトフェイシャル、レーザートーニング、内服、外用を用いた複合治療で消失します。
そばかす左pre
そばかす左post
そばかすはフォトフェイシャルで簡単に除去できます。症例はフォトフェイシャル1回後の結果。数回でそばかすが消失することがほとんどです。

お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

診察は完全予約制で賜っております。電話受付時間外はお問い合わせからご連絡お願いします。

メールのご相談・お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3569-3255

ページの先頭へ