1. HOME
  2. 今月のキャンペーン : 7月キャンペーン

キャンペーン

7月キャンペーン

今年は早く梅雨が明け、日差しが強い日が続いております。
皆さま、紫外線対策始めてますか?美白の季節です。
今年の夏もシミのない白い肌を守りましょう。
「美白化粧品は使っているけど効いているのかなぁ・・・?」
「夏は焼けるし、美白は秋になってからでいい?」
美白と言われても、何をするのが効果的なのかわからないという声も多く聞かれます。
美白は将来お肌のダメージで後悔しないために必要です。
レイクリニックでは徹底した美白ケアをおすすめしています。
この時期は肌の露出が増える季節なので、お顔と一緒に首やデコルテの美白ケア、ボディラインを綺麗に見せる方法についてご案内しています。

レイクリニック スタッフ一同

紫外線による光老化対策、フォトフェイシャルM22、+α

当院は美白にこだわり、多様なシミやくすみに対応できるフォトフェイシャル治療器、M22を導入しています。M22は、患者様の肌の症状やスケジュールに合わせて細かく設定ができる優れた医療機器です。扱いやすい治療機はたくさんありますが、効果が十分満足できるものばかりではありません。厳密には現在フォトフェイシャル、と呼べる治療は実はM22だけです。フォトフェイシャルは、M22を開発したLumenis社の登録商標です。かつてフォトフェイシャルは「私は光で顔を洗う」というキャッチコピーでも有名になりました。M22は厚生労働省の承認機です。

当院では使用する波長のフィルターや、照射サイズをたくさん用意しています。それだけ肌の症状に合わせた治療のバリエーションが多くなり、1回の治療で平均3種の異なる光(波長)を用います。波長が変わると照射されている感覚が全然違うと思います。

徹底的な美白治療のために、同じM22による治療でも方法は少しずつ異なります。患者様の肌質は様々だからです。どの方の治療も白く、シミ・くすみがない均質な肌を目指します。

フォトフェイシャルは

・新しくでき始めたしみを含め今あるしみをとことん無くしたい

・紫外線を浴びてしまった後のシミ予備軍をしみになる前に撃退したい

・フォトフェイシャルで日焼けしにくい肌を作りたい

・もし日焼けしたとしても、影響を最小限に抑え一刻も早く美白を取り戻したい

と、どのような要望に対しても治療が可能です。

 

今回はフォトフェイシャルに追加すると相乗効果が得られ、相乗効果を持つ治療も併せてご紹介致します。

1、  高濃度ビタミンⅭ点滴 

内服では摂取するのが難しい大量のビタミンⅭを点滴注射することで、肌がワントーン明るく白くなります。日焼けしてしまったけど、急いで美白したい時にもおすすめです。エアコンで乾燥した肌の保湿力、ハリ感のアップも期待できます。

2、  イオン導入 

美白成分ビタミンⅭやトラネキサム酸を肌の奥まで浸透させるには、電気の力で治療するイオン導入を用います。電気の力は皮膚を炎症から回復する作用を持ちます。イオン導入はまたビタミンCやトラネキサム酸などの美白成分を、肌の奥のメラニン生成部分に浸透させるため、化粧品をつけるよりも確実な効果があります。フォトフェイシャル後は肌の活性がよいので、特に高い美白効果が得られます。

 

夏は日焼けの心配がある時期ですが、海で焼いて真っ赤、真っ黒でなければ、フォトフェイシャルM22により紫外線の影響を減らすことが出来ますのでお試し下さい。また、ほてりがあるほど日焼けした場合は、まずはしっかり冷やしましょう!!

露出の多くなる季節に「手・首・デコルテ」に艶・ハリ・美白ケアを

お顔は毎日ケアされていると思います。手や首・デコルテはケアされていますか?

夏はお肌の露出が増えますが、意外と周りの人から見られているのが手・首・デコルテです。

手や首・デコルテは、紫外線の影響を受けやすい部位のため、年齢を重ねることでシミ・シワになり、ハリが失われやすい部分です。ケアをしていないと思っている以上に老化は進行し、実年齢よりも老けて見えてしまいます。

そこで、今回は「手・首・デコルテ」の若返りに最適な治療をご用意致しました。

 

【手・首・デコルテにマッサージピール(PRX-T33)】

お顔の治療で「艶やハリがでた」「お肌色が明るくなった」など現在大流行中のマッサージピールですが、手や首、デコルテなどの症状にも有効な治療です。

・首の皮膚が萎縮しシワが目立つ

・お肌が乾燥している

・デコルテがシワっぽく、ハリや弾力がない

・皮膚がたるんでいる

・お肌がくすんでいる

・首やデコルテがザラザラする

などのお悩みはありませんか。

マッサージピールは、トリクロロ酢酸と過酸化水素の成分が、コラーゲン生成に関わる真皮層に作用し、内側からハリや弾力を回復させます。この作用により皮膚の萎縮によるシワや乾燥、ハリや皮膚のたるみを改善させます。さらに、コウジ酸による美白作用はお肌のくすみを改善します。

1回でも即効性があり変化を感じられると思いますが、効果を持続させるため2週間に1回を4~5回程度続けて頂くことをおすすめしております。

また、自宅で専用の美容液とクリームを使用して頂くと、肌を酸性に保ち、マッサージピールの効果を持続させることができるため、今回はスキンケアセットを付けてご案内させていただきます。

 

【手のヒアルロン酸】

手の甲は皮膚の萎縮やシワ・シミだけでなく、皮下脂肪が減りボリュームがなくなることで血管や筋が浮いて見え、やせ細ったゴツゴツした甲になるため、より衰えを感じやすい場所です。

ヒアルロン酸の注入は手の甲をふっくらさせることで、血管や筋を目立たなくし、シワも目立ちにくくさせます。また、内側からハリやキメを取り戻すことができるため、より若々しい手の甲となります。

ヒアルロン酸はもともと体内に存在するものですので、手の甲に用いても安全な成分です。また、カニューレという先の丸い針を使用すること、ヒアルロン酸の中に麻酔が入っていること、などから注入時の痛みはそれほど感じません。

直後から効果が感じられ、内出血や腫れほとんど出ないので安心して治療が受けられます。

燃焼したい脂肪をターゲットに治療 部分痩せにHIFUボディ

夏は薄着になり、身体のラインが気になりますね。特に、二の腕・お腹・腰回り・太ももなどダイエットをしてもなかなか減らない箇所こそ気になります。HIFUボディはこのような減りにくい場所の部分痩せに効果がある治療です。

HIFUボディはお顔のHIFUとは違い、選択的に脂肪層に超音波の熱を届け、脂肪細胞を破壊します。HIFUは照射する深さが違うヘッドが複数あります。当院では、患者様それぞれの脂肪層の厚みを確認し、より効果を感じていただけるよう患者様に合わせて深さの違うヘッドを組み合わせて治療していきます。

脂肪細胞自体を減少させることができるため、リバウンドしにくいのが特徴です。また、ダウンタイムもほとんどない治療のため、いつでも行うことができます。

二の腕や太ももは実はたるみも影響しています。HIFU本来の引き締め効果も、ボディメイクに有効で、脂肪溶解注射など他の脂肪治療と異なる綺麗な結果を得られる要素です。

1回でも効果を感じられますが、2週間おきに3回程度行うとより満足度が高い治療です。

脂肪のある部位であればどこでも可能ですので、気になる箇所の部分痩せにHIFUボディをお試しください。

夏の紫外線対策は塗って、飲んで、ダブルブロック!

日焼け止めを塗っているのに日焼けする、夏の旅行に日焼け止めだけでは不安、など心配ごとはありませんか?

紫外線対策に、1年を通して日焼け止めを塗るのは必須です。

ですが、紫外線を100%ブロックするのはどんな方法でも不可能です。

できるだけ紫外線を防御するために、日焼け止めを塗ることに加え、日傘をさすとか、肌を露出しないなどの工夫が必要です。では紫外線を防御するのは大変!とお感じの方におすすめしたいのが、飲む日焼け止めです。毎朝日焼け止めを飲むだけで、紫外線対策が強化されます。

飲むだけでは露出部は焼けてしまいますので、やはり毎日日焼け止めを塗ることは大切にして下さい。

日焼け止めを塗ることは、外から皮膚の内部へ紫外線が入り込んでダメージを与えることを防御しています。飲む日焼け止めは、皮膚の中に入ってしまった紫外線のエネルギーを、内服した成分が吸収してダメージを緩和することで効能を発揮します。

紫外線には主にUVA波とUVB波があります。UVB波は強いエネルギーで表皮細胞遺伝子を傷つけてシミや皮膚ガンの原因となりますが、波長が短いため、影響は浅い層に留まります。日焼け止めを塗ることはUVB波の防御に役立ちますが、作用を維持するためにマメに塗りなおす必要があります。

UVA波は波長が長く、皮膚深部に到達し、真皮を傷害します。真皮には肌のハリを保つコラーゲンとエラスチン線維が存在しますが、これらが傷つくと皮膚は弾力を失ってたるみやシワを作ります。そして皮膚の細胞は遺伝子レベルで傷つき、皮膚の免疫力が低下します。

飲む日焼け止めは、皮膚の深部で作用するので、真皮に到達したUVA波の作用を緩和させます。

こうした理由から、皮膚表面は日焼け止めで、皮膚深部は飲む日焼け止めで紫外線を防御できるので、当院では塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの併用を推奨しております。

当院が取り扱っている飲む日焼け止めUVlockは、1日1粒飲むだけで24時間効果を発揮します。

安心・安全の国内製造、医療機関限定の健康食品です。

他のお薬やサプリメントを服用中の方にも安心してお飲み頂けます。

治療の結果を維持するためにも紫外線対策は必須です。美肌キープのためにも飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを毎日習慣化しましょう。

お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

診察は完全予約制で賜っております。電話受付時間外はお問い合わせからご連絡お願いします。

メールのご相談・お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3569-3255

ページの先頭へ