1. HOME
  2. ブログ
  3. 飲む日焼け止め
こんにちは。 レイクリニックの看護師、中村です。 美白の為の治療について先日より順次ご案内しております。案内が遅くなり、もう夏も終わったぜ!というご指摘もあろうかと思います、すみません。 夏だけではなく、一年を通じて実践していただきたいので参考にしてください。 美白の為の治療を下記に挙げます ①フォトフェイシャル ②超高濃度ビタミンC点滴 ③マッサージピール ④イオン導入 ⑤スキンケア(日焼け止め) ⑥サプリメント(飲む日焼け止め) ⑦肌の摩擦をなくす 本日は ⑥サプリメント(飲む日焼け止め)です。 飲む日焼け止めに関しては、8月にレイクリニックのメルマガで配信した内容を一部抜粋してご案内します。 ここからメルマガ抜粋↓ 「飲む日焼け止めは本当に効果ある?」 こんにちは。 レイクリニックスタッフの山室です。 夏真っ盛り、皆さんうっかり日焼けしていませんか? 暑いのでせっかく塗った日焼け止めも汗で落ちてしまいます。 そこで期待したいのが飲む日焼け止め。 患者様とのお話の中で 「飲む日焼け止めは本当に効果があるの?」と よく話題に上がります。 ・・・効果は? もちろんあります! 飲む日焼け止めが得意なのは、 目に見えない炎症を抑えて、 メラニンの活動を抑えることです。 サンスクリーンを塗っても、 紫外線を100%は予防できません。 また塗る日焼け止めは汗で取れてしまいます。 飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めが効果を失っても うっかり日焼けをしないよう肌を守ってくれています! 紫外線を浴びると軽いやけどのような症状が起こります。 目に見えないこともある、炎症です 炎症した肌の細胞は損傷を起こし その結果肌メラニンが過剰生成して しみを作り出します 塗る日焼け止めは、肌に紫外線を通さない役割をします。 飲む日焼け止めは、 強力な抗酸化成分で体の内側から炎症を抑えます 私も実際実験してみましたが 塗る日焼け止めだけの時に比べて 確実に炎症を抑えられます 結果、簡単・確実に焼けたくないなら 「飲む日焼け止めは効果があります!」 今年の夏は例年になく猛暑日が続いていますので、飲む日焼け止めは必需品です この他、うっかり日焼けをしないために実際に私がやっている紫外対策をご紹介します 1、帽子・サングラス・日傘などの 日焼け対策グッズの愛用 2、日焼け止めは、ウォタープルーフなど、汗・水に強いものを使用 SPF50PA++++でも、2~3時間に1回は塗り直す 3、こまめな水分補給  脱水があると炎症からの回復を遅れます 4、食事やサプリメントなどでビタミンを補給する 5、紫外線直後は軽い火傷なので、冷たいタオルなどで、とにかく冷やす 6、化粧水をたっぷりつけ保湿。 水分パック美白化粧品を取り入れ予防 日焼け直後の駆け込み寺として、お気軽にご相談ください。 以上がメルマガでご案内したものです。 メルマガの反響もあり、飲む日焼け止めの最近のリピート率がスゴイのです! 1度試すとほとんどの方がリピートしています。しかも1箱で1ヶ月持ちますが、2箱以上の購入が目立ちます。 切らさず飲みたい! 家族の分も! と、まとめ買いの理由は様々です。 確かに、飲んでる患者様方は今年の猛暑にも関わらず 「焼けましたね~」 という事が無かったような… 改めて、この効果スゴイ! と思いました。 また、日焼けした後は酸化も気になるところ… 9月は日焼け後の酸化に良い治療のご案内を予定してます。 また、ブログやメルマガでお伝えしていきますので、ご参考になさって下さい。 中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

こんにちは レイクリニックの看護師、中村です。   美白の為の治療の各ご案内を先日から引き続きしております。   ①フォトフェイシャル ②超高濃度ビタミンC点滴 ③マッサージピール ④イオン導入 ⑤スキンケア(日焼け止め) ⑥サプリメント(飲む日焼け止め) ⑦肌の摩擦をなくす   本日は⑤スキンケア(日焼け止め)です。   日焼け止めを使う時のポイント ①SPFやPAの強さ ②使う量 ③塗り方   ①SPF50 PA++++あると安心です。   ②使う量は顔全体を擦らず塗れる量。薄くのばして塗ってしまうと、せっかくSPFやPAの高いものを使っていてもその効果が発揮出来ない場合があります。試供品はだいたいが1回量なので、その量を目安にしてみてください。   ③塗り方は擦らない事が大切なポイントです。肌を擦ることは小さな炎症を加えているのと同じです。炎症は肌を赤や黒くする原因になります。擦らず顔にのばし、1枚ベールをかぶせるように最後は両手で顔を覆い馴染ませるとよいでしょう。   日焼け止めを塗っているのに焼ける人は1度見直してみてはいかがでしょうか。   日焼け止めには様々なテクスチャーや特徴がございますので、レイクリニックで取り扱いのある日焼け止めをご紹介します。 全てSPF50+ PA++++の効果があり、敏感肌の方に使用できます。   ・UVイデアシリーズ (ラロッシュポゼ) 30g 3,400円(税抜) ターマルウォーター配合 色なし、色付き、BBなど種類が豊富     ・アンテリオス キッズ ミルク (ラロッシュポゼ) 200ml 4,000円(税抜) ターマルウォーター配合 ウォーターレジスタント お子供(3歳以上)にも使える スプレータイプで全身に使いやすい   ・プラスリストアUVローション (プラスリストア) 30ml 2,800円(税抜) フラーレン(抗酸化成分)配合。 ウォータープルーフ   ・UVシルキープロテクション (エムディア) 50g 3,800円(税抜) EGF(肌を再生する成分)配合。 紫外線吸収剤フリー ウォーターレジスタント   ・セルニュー UVクリーム (セルニュー) 35g 3,000円(税抜) クリームタイプで肌馴染みがよい   塗り直しや髪の日焼け止めにおすすめ ・UVイデア XL プロテクションミスト SPF50/PA++++ (ラロッシュポゼ) 50g 2,500円(税抜) スプレータイプ   私の体験談… 東京が39℃あった日に夫と息子とプールに出掛けました。 日焼け止めを使う時のポイント通りに3人共全身に塗ってプールへ。 この日に使った日焼け止めは子供も使えるアンテリオスキッズミルク。 その日の夜、夫より   「あれだけ暑かったのに焼けてない気がする」と。   私も誰からも焼けたと言われないし、焼けた感覚もない。(特に私は飲む日焼け止めも使ったけど…飲む日焼け止めについては次回紹介します) 私も夫もプールに行ったのは10年以上ぶりのこと(笑)   日焼け止めの効果が進化したものあると思いますが、塗り方や量も大切だと実感した日でした。 中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

こんにちは。
レイクリニックの看護師、中村です。
早くも梅雨が明け、長い夏になりそうです。今年は紫外線を浴びるトータル時間はかなり増えるのではないでしょうか。
そんな今年でも、私は美白に自信があります。焼ける気がしません!と、宣言して、自分を追い込むのが好きなので、あえて美白宣言をしました。
なぜ、自信があるかというと、美白の為に何が必要かを知っている事。レイクリニックにその治療があるからです。
攻め(紫外線)に対して守るすべを知れば、紫外線の強いこの時期だからこそ美白しようと思うのです。
早くその守るすべを教えろよ!と思われた方、お待たせ致しました。下記より、美白に欠かせない治療等をご案内します。
治療方法を挙げると…
①フォトフェイシャル
②超高濃度ビタミンC点滴
③マッサージピール
④レーザートーニング
⑤イオン導入
⑥スキンケア(日焼け止め)
⑦サプリメント(飲む日焼け止め)
⑧肌の摩擦をなくす
※ハイフや高周波などのたるみの改善を目的とした治療は皮膚の奥(真皮層)に熱刺激を加えます。その結果皮膚が活性化して、新陳代謝が良くなり、表面の肌も健康な状態に生まれ変わってくれます。その結果、肌に透明感が出て白くなります。たるみの治療をしたら、ついでに美白まで手に入れられる治療です。
長くなってしまうので、それぞれの治療の詳細は後日ご案内したいと思います。
わたしは宣言した手前、いや、美白の為に全て行います。というか、毎年やってます!元々お世辞でも「肌白いわね~」って言えない私の肌も今や美白の仲間に入れてもらえてるかな?
ご興味あれば、是非クリニックにお越し下さいませ。お待ちしております。
中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

今更…という話題なのですが、飲む日焼け止め、効果ありますよ!   この話題、夏前に言ってよ~って思いますよね。すみません。   しかし、日焼けした後にも効果あります!そして、これから海外旅行を控えている方、ゴルフなど日焼けの機会が多い方、少し先になりますがスキーをされる方にお勧めできると思い、お知らせしたくブログにしました。   何故、夏前に言わなかったかと言うと…クリニックにご来院頂いた方には地味にご案内はしていたのですが、正直こんなに効果があると私自身が思っていなかったのです。(院長もそう思ってたみたいです。笑)     今回私が試してみようと思ったきっかけと、飲んでみて効果を実感したことをお伝えします。レイクリニックで取り扱っている飲む日焼け止めはU・Vlock(ユーブロック)というサプリメントです。   〈試してみようと思ったきっかけ〉 ・1粒で24時間効果がある (途中で飲み直さなくてよい。) ・国内製造 (以前からあった輸入品の飲む日焼け止めはカプセルの色が派手な色で何となく飲む気になれず。U・Vlockは国内製造で、カプセルは茶色で飲むのに抵抗がなかった) ・原材料が体に優しいもので小学生から服用可 (原材料は下記に記載しております。主なものがグレープフルーツやローズマリーから抽出したもので、口にしたことのある成分なので安心して飲めました)   〈飲んで実感したこと〉 ・日焼けすると肌がチリチリする感覚があったが、飲んでからない ・私は日焼けすると赤くなってから黒くなるが、赤くもならず、黒くもならず ・日焼けによる肌の乾燥も例年より少ない気がする(日焼けの後、肌が脂っぽいのに潤いがない感じが今年はない) ・秋に日焼けの影響でしみが増えるのが今年は増えていない   U・Vlockは日焼けによる活性酸素の除去と炎症を抑えてくれるのです。だから、私が感じた肌のチリチリ感や赤くなる症状や乾燥が抑えられたのですね。この時期にしみになっていないのも納得です。 よって、日焼けをしてから飲んでも効果があると思いますし、理想は日焼けをする3日前後服用することです。また、飲み続ける事で美白効果を出すことも可能です。今週末は運動会を控えているので先週からまた飲み始めています。   これからは塗る+飲む日焼け止めで紫外線予防をする時代ですね。 ◇U・Vlock(ユー・ブロック)◇ 30日分(1箱30カプセル)7,020 円(税込)   〈原材料〉 シトラス果実・ローズマリー葉エキス末、葛花エキス末、白キクラゲエキス末、酵母エキス(酵母エキス、デキストリン)、シルク加水分解物(シルク加水分解物、デキストリン)、鮭鼻軟骨抽出物/HPMC、ビタミンC、ステアリン酸Ca、セルロース、カラメル色素、ビタミンD   中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

診察は完全予約制で賜っております。電話受付時間外はお問い合わせからご連絡お願いします。

メールのご相談・お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3569-3255
  • お問い合わせ
  • メルマガ登録

最新エントリー

ブログテーマ

  • よくあるご質問
  • レイクリニックのtwitter

ページの先頭へ