1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療レーザー脱毛
こんにちは。 レイクリニックの看護師、中村です。 ルミナスのワークショップにレイクリニックの看護師3人で参加してきました。 『ナースのお仕事2018 ~明日から役に立つ、レーザー脱毛&IPL講座~』 今回はレーザー脱毛とIPL(フォトフェイシャル)について、ナース向けの講座です。 美容医療のセミナー等はドクター向けのものが多く、ナース向けのものは極わずかです。なので、とても貴重です。 このような会を主催して下さったルミナスさん、勉強する為にクリニックをお任せした院長と山室さんに感謝したします。 私はナースもドクターと共に美容医療を盛り上げて、善い医療として確立できたらいいなぁーと思っております。ですから、このようなナース向けのセミナーをもっと開催して欲しいです。 今回印象に残ったのが、特別講演です。コミュニケーションについての話がメンタルトレーニングをしている先生からあり、これがまた勉強になりました。 患者様に善い治療をするためにスタッフ間のコミュニケーションが大切であることが改めて身にしみました。スタッフ間の良いコミュニケーションが出来てこそ、患者様へ善い治療の提供ができるのだと思います。 翌日、ルミナスの方と話す機会があり、またナース向けのワークショップを開催していただけるとの事で、次回も是非とも参加したいです。学んだ事は患者様の治療に活かしていきます! 一生懸命、勉強しているレイクリナース↓ ナースの勉強会 中村  

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

2018/07/09

レーザー脱毛のセミナーに参加しました

 
104BF81F-1187-4BBD-96D7-BB1BBF03F529
7月1日のセミナーノート。 シネロンの脱毛レーザーが厚生労働省の承認を受けて開催された勉強会です。 脱毛のセミナーは久しぶりに参加。 やけどの症例をたくさんみました。 表沙汰にはならないけれど、脱毛のやけどはけっこうあるんだなと驚きました。 改めて、医療機関で脱毛を受ける大切さを世の中に伝えなければと思いました。  
レイクリニックには 日焼けや肌荒れがありエステで脱毛できないと言われた方 エステで脱毛したけれど細い毛が残る方 毛がなかなか減らない方 お顔のうぶ毛脱毛をしたい方 が脱毛治療にいらっしゃいます。 どんな肌質か、毛質かを診断して治療できることと、トラブル対応ができる体制があることが、医療機関での脱毛治療のメリットだと考えています。 夏に向けてお体の色々な部位の毛が気になる頃だと思います。 プールや海など夏のレジャーの前にご相談下さい。 日焼けしたら脱毛はリスクが高まりますので、 夏のレジャーの際は、脱毛している部位にしっかり日焼け止めを塗って、紫外線対策してくださいね。 日焼けしてしまったら、やけどと同じ対策をして下さい。まずは患部をしっかり冷やして、治療をどうすすめていくか相談しましょう。

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

2016/03/15

安全で確実な脱毛とは

この時期、脱毛を考えている方も

多いのではないでしょうか?


今や脱毛未経験の方が少なく、

一般的になった脱毛治療。


脱毛はご存じの方もいると思いますが、

医療行為です。

脱毛は医師または看護師のみが法律で

施術を認められています。


毛の毛母細胞の破壊をしなければ

再び生えてきます。脱毛をするには、

毛母細胞の破壊が出来る

熱エネルギーが必要です。

このエネルギー量は医療機器じゃないと

だせません。ただし、強すぎては

皮膚もその影響を受けてしまいます。

皮膚にダメージを与えず

毛母細胞の破壊を成立させるには

毛の太さ・密度、皮膚の色や

乾燥状態など様々な要因を元に

設定していく必要があります。


患者様の皮膚がどんな状態か

見極めが出来ないと、脱毛するために

必要なエネルギーの設定が

まず不可能です。

 

また、照射後の反応している

皮膚の状態を診て、それが正常か異常か、

異常であれば何をするべきかの判断が

出来る人が脱毛の施術をするべきです。

それが出来てこそ、

安心、安全、確実な脱毛が成立します。


すみません…。

少し堅苦しい内容になってしまい

ましたが、脱毛の事を少しでも

理解して頂きたいのです。


「何回やっても毛が減らないのは、

自分が毛深いからしょうがない」

というのは毛深い事が原因ではなく、

もしかしたら、その方にとって適切な

エネルギーで脱毛がされていないのかも

しれません。

もちろん、脱毛は1、2回では

終了しません。毛には周期があり、

成長期の毛にしか脱毛効果がありません。

皮膚の中で眠っている休止期の毛や、

抜け落ちる寸前の毛母細胞から

離れている毛は、レーザーを当てても

脱毛されません。その為間隔を開けて

回数が必要な治療です。

部位や毛や皮膚の状態で多少差は

ありますが、例えばワキなら

約2ヶ月毎に5~8回で

ほぼ永久脱毛が可能です。

また、医療レーザー脱毛の

熱エネルギーは、コラーゲンの再生も

促すため、皮膚に対しても良い影響が

あります。毛を無くし肌もツルツルに

なるのが医療レーザー脱毛の

良いところです。


余談ですが、

元々アザの治療をレーザーでしていた時

患者様の毛が薄くなっているのを発見し、

そこからレーザー脱毛器が

開発されました。日本人向けに

脱毛レーザーが開発され20年弱経ちます。

私は16年前にレーザー脱毛治療に携わり、

自らも治療を受けました。

当時、私が勤務していたクリニックでは

両ワキで費用が30万円程しました。

それから爆発的に脱毛レーザーが

普及し始め、脱毛が一般的になりました。


一般的になった脱毛。

毛の悩みを解消するための治療方法です。

その脱毛行為自体で悩む事がないように、

皆様には正しい知識と、

安全で確実な脱毛をしている病院で

治療を受けて頂きたいと願っております。


中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

診察は完全予約制で賜っております。電話受付時間外はお問い合わせからご連絡お願いします。

メールのご相談・お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3569-3255
  • お問い合わせ
  • メルマガ登録

最新エントリー

ブログテーマ

  • よくあるご質問
  • レイクリニックのtwitter

ページの先頭へ