1. HOME
  2. ブログ
  3. しみ・くすみ
こんにちは。 レイクリニックの看護師、中村です。
最近、肌が疲れている… と感じることはございませんか? 暑かった夏の疲れ、最近の寒暖差の影響、秋の花粉等は体だけではなく肌にも出ます。   「肌の疲れ」として感じていなくても、目の下や頬の下などの皮膚がくしゅっとシワっぽい、張りや潤いが無い、全体的にくすみが気になる、肌のざらつきがあるなど、お困りな事はございませんか?   肌の疲れはそのままにしておくと、二次的なトラブルが起きます。 肌は疲れたままにせず復活させましょう!   方法は幾つかありますが、直ぐに結果が出る『マッサージピール』をご案内致します。   このピーリングは肌の奥、皮膚が作られる所(基底層)~コラーゲンやエラスチンの存在するところ(真皮層)に薬剤を浸透させ、皮膚の代謝をよくし、張りを出します。奥から肌を健康な状態に導く治療です。   マッサージピールの利点は、施術中の痛みやダウンタイムがほとんどないこと、肌の弱い人でも出来ること、即効性があることです。   マッサージピールをした後に鏡を見ると皆さん「張りが出た!」「肌が白い!」と喜んで頂けます。   例えば、「来週友人と会うのでそれまでに肌を復活させたい」と急な予定にも間に合う治療です。   では、この効果はいつまで続くのか?   1度よい状態に復活したら、直ぐに元に戻ることはありません。 私の実感では2~3週間は特に良いと感じました。   推奨されている、2週間毎に3~5回位続けて行うと良い状態を維持出来ます。   他の治療との併用が出来るので、レイクリニックの患者様はフォトフェイシャル等をしに来たついでに行う方が多いです。 1~2か月後、次のフォトフェイシャルでご来院頂き肌を診察すると、、、健康な良い状態を維持出来ています。   お顔の疲れは肌の問題だけではなく、鏡を見るたびに気持ちにも影響しかねません。それがまた肌に影響を与え、悪循環を起こしてしまいます。 肌が綺麗な事でポジティブになれるとおっしゃる方が多く、私もそう感じています。   レイクリニックは肌を元気に綺麗にするお手伝いはいくらでも致します! 「疲れた肌をなんとかして」といったご相談など、気になること、こうして欲しい事等、なんでもご相談下さい。   中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

こんにちは。 レイクリニックの看護師、中村です。 ルミナスのワークショップにレイクリニックの看護師3人で参加してきました。 『ナースのお仕事2018 ~明日から役に立つ、レーザー脱毛&IPL講座~』 今回はレーザー脱毛とIPL(フォトフェイシャル)について、ナース向けの講座です。 美容医療のセミナー等はドクター向けのものが多く、ナース向けのものは極わずかです。なので、とても貴重です。 このような会を主催して下さったルミナスさん、勉強する為にクリニックをお任せした院長と山室さんに感謝したします。 私はナースもドクターと共に美容医療を盛り上げて、善い医療として確立できたらいいなぁーと思っております。ですから、このようなナース向けのセミナーをもっと開催して欲しいです。 今回印象に残ったのが、特別講演です。コミュニケーションについての話がメンタルトレーニングをしている先生からあり、これがまた勉強になりました。 患者様に善い治療をするためにスタッフ間のコミュニケーションが大切であることが改めて身にしみました。スタッフ間の良いコミュニケーションが出来てこそ、患者様へ善い治療の提供ができるのだと思います。 翌日、ルミナスの方と話す機会があり、またナース向けのワークショップを開催していただけるとの事で、次回も是非とも参加したいです。学んだ事は患者様の治療に活かしていきます! 一生懸命、勉強しているレイクリナース↓ ナースの勉強会 中村  

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

こんにちは。 レイクリニックの看護師、中村です。   フォトフェイシャルm22の医師向けのセミナーをレイクリニックで行いました。   院長の話はわかりやすく、そして熱意が参加された先生方に伝わったのではないかと、看護師の立場から聴いてて感じました。   患者様を良くするには理論だけではなく、細やかな観察眼や、先生自身がこんなもんかな…と治療を諦めない気持ち、全てが大切な事と改めて思いました。   肌を綺麗にするにはフォトフェイシャルは不可欠な治療ですね。   セミナーの様子↓ フォトフェイシャルm22セミナーinレイクリニック   フォトフェイシャルm22セミナーinレイクリニック
来週は看護師のセミナーにレイクリナース達が参加してきます。
その様子はまたお伝えします。
このような活動で学んだことは、患者様の治療に活かしていきます!
中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

こんにちは。 レイクリニックの看護師、中村です。 美白の為の治療について先日より順次ご案内しております。案内が遅くなり、もう夏も終わったぜ!というご指摘もあろうかと思います、すみません。 夏だけではなく、一年を通じて実践していただきたいので参考にしてください。 美白の為の治療を下記に挙げます ①フォトフェイシャル ②超高濃度ビタミンC点滴 ③マッサージピール ④イオン導入 ⑤スキンケア(日焼け止め) ⑥サプリメント(飲む日焼け止め) ⑦肌の摩擦をなくす 本日は ⑥サプリメント(飲む日焼け止め)です。 飲む日焼け止めに関しては、8月にレイクリニックのメルマガで配信した内容を一部抜粋してご案内します。 ここからメルマガ抜粋↓ 「飲む日焼け止めは本当に効果ある?」 こんにちは。 レイクリニックスタッフの山室です。 夏真っ盛り、皆さんうっかり日焼けしていませんか? 暑いのでせっかく塗った日焼け止めも汗で落ちてしまいます。 そこで期待したいのが飲む日焼け止め。 患者様とのお話の中で 「飲む日焼け止めは本当に効果があるの?」と よく話題に上がります。 ・・・効果は? もちろんあります! 飲む日焼け止めが得意なのは、 目に見えない炎症を抑えて、 メラニンの活動を抑えることです。 サンスクリーンを塗っても、 紫外線を100%は予防できません。 また塗る日焼け止めは汗で取れてしまいます。 飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めが効果を失っても うっかり日焼けをしないよう肌を守ってくれています! 紫外線を浴びると軽いやけどのような症状が起こります。 目に見えないこともある、炎症です 炎症した肌の細胞は損傷を起こし その結果肌メラニンが過剰生成して しみを作り出します 塗る日焼け止めは、肌に紫外線を通さない役割をします。 飲む日焼け止めは、 強力な抗酸化成分で体の内側から炎症を抑えます 私も実際実験してみましたが 塗る日焼け止めだけの時に比べて 確実に炎症を抑えられます 結果、簡単・確実に焼けたくないなら 「飲む日焼け止めは効果があります!」 今年の夏は例年になく猛暑日が続いていますので、飲む日焼け止めは必需品です この他、うっかり日焼けをしないために実際に私がやっている紫外対策をご紹介します 1、帽子・サングラス・日傘などの 日焼け対策グッズの愛用 2、日焼け止めは、ウォタープルーフなど、汗・水に強いものを使用 SPF50PA++++でも、2~3時間に1回は塗り直す 3、こまめな水分補給  脱水があると炎症からの回復を遅れます 4、食事やサプリメントなどでビタミンを補給する 5、紫外線直後は軽い火傷なので、冷たいタオルなどで、とにかく冷やす 6、化粧水をたっぷりつけ保湿。 水分パック美白化粧品を取り入れ予防 日焼け直後の駆け込み寺として、お気軽にご相談ください。 以上がメルマガでご案内したものです。 メルマガの反響もあり、飲む日焼け止めの最近のリピート率がスゴイのです! 1度試すとほとんどの方がリピートしています。しかも1箱で1ヶ月持ちますが、2箱以上の購入が目立ちます。 切らさず飲みたい! 家族の分も! と、まとめ買いの理由は様々です。 確かに、飲んでる患者様方は今年の猛暑にも関わらず 「焼けましたね~」 という事が無かったような… 改めて、この効果スゴイ! と思いました。 また、日焼けした後は酸化も気になるところ… 9月は日焼け後の酸化に良い治療のご案内を予定してます。 また、ブログやメルマガでお伝えしていきますので、ご参考になさって下さい。 中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

こんにちは レイクリニックの看護師、中村です。   美白の為の治療の各ご案内を先日から引き続きしております。   ①フォトフェイシャル ②超高濃度ビタミンC点滴 ③マッサージピール ④イオン導入 ⑤スキンケア(日焼け止め) ⑥サプリメント(飲む日焼け止め) ⑦肌の摩擦をなくす   本日は⑤スキンケア(日焼け止め)です。   日焼け止めを使う時のポイント ①SPFやPAの強さ ②使う量 ③塗り方   ①SPF50 PA++++あると安心です。   ②使う量は顔全体を擦らず塗れる量。薄くのばして塗ってしまうと、せっかくSPFやPAの高いものを使っていてもその効果が発揮出来ない場合があります。試供品はだいたいが1回量なので、その量を目安にしてみてください。   ③塗り方は擦らない事が大切なポイントです。肌を擦ることは小さな炎症を加えているのと同じです。炎症は肌を赤や黒くする原因になります。擦らず顔にのばし、1枚ベールをかぶせるように最後は両手で顔を覆い馴染ませるとよいでしょう。   日焼け止めを塗っているのに焼ける人は1度見直してみてはいかがでしょうか。   日焼け止めには様々なテクスチャーや特徴がございますので、レイクリニックで取り扱いのある日焼け止めをご紹介します。 全てSPF50+ PA++++の効果があり、敏感肌の方に使用できます。   ・UVイデアシリーズ (ラロッシュポゼ) 30g 3,400円(税抜) ターマルウォーター配合 色なし、色付き、BBなど種類が豊富     ・アンテリオス キッズ ミルク (ラロッシュポゼ) 200ml 4,000円(税抜) ターマルウォーター配合 ウォーターレジスタント お子供(3歳以上)にも使える スプレータイプで全身に使いやすい   ・プラスリストアUVローション (プラスリストア) 30ml 2,800円(税抜) フラーレン(抗酸化成分)配合。 ウォータープルーフ   ・UVシルキープロテクション (エムディア) 50g 3,800円(税抜) EGF(肌を再生する成分)配合。 紫外線吸収剤フリー ウォーターレジスタント   ・セルニュー UVクリーム (セルニュー) 35g 3,000円(税抜) クリームタイプで肌馴染みがよい   塗り直しや髪の日焼け止めにおすすめ ・UVイデア XL プロテクションミスト SPF50/PA++++ (ラロッシュポゼ) 50g 2,500円(税抜) スプレータイプ   私の体験談… 東京が39℃あった日に夫と息子とプールに出掛けました。 日焼け止めを使う時のポイント通りに3人共全身に塗ってプールへ。 この日に使った日焼け止めは子供も使えるアンテリオスキッズミルク。 その日の夜、夫より   「あれだけ暑かったのに焼けてない気がする」と。   私も誰からも焼けたと言われないし、焼けた感覚もない。(特に私は飲む日焼け止めも使ったけど…飲む日焼け止めについては次回紹介します) 私も夫もプールに行ったのは10年以上ぶりのこと(笑)   日焼け止めの効果が進化したものあると思いますが、塗り方や量も大切だと実感した日でした。 中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

こんにちは。 レイクリニックの看護師、中村です。 美白の為の治療の各ご案内を先日から引き続きしております。 ①フォトフェイシャル ②超高濃度ビタミンC点滴 ③マッサージピール ④イオン導入 ⑤スキンケア(日焼け止め) ⑥サプリメント(飲む日焼け止め) ⑦肌の摩擦をなくす 本日は④イオン導入です。 しみの治療の中ではレーザーの様に派手な反応もなく、しみを消すという威力まではありません。しかし、イオン導入にしか出来ないスゴイ効果があります! それは、ビタミンCやトラネキサム酸といったしみに効果の認められている成分を直接肌へ浸透させることです。肌に浸透させることが出来たら、ビタミンCのイオン導入には下記の効果が期待できます。 ・メラニン抑制(しみが作られるのを予防) ・メラニン還元(しみの色を変えて薄くする) ・コラーゲン生成促進(コラーゲンが作られるとき、ビタミンCが使われる) ・抗炎症作用(炎症を沈め、新たなメラニンを作るのを予防する) すなわち、しみやくすみ、色素沈着の治療の効率を上げられるのです。 サーマクールやハイフなどのたるみの治療はコラーゲンを増やす治療でもあり、その時に肌にビタミンCを浸透させられたら、より効果が上がります。 この暑さと紫外線で肌は微細ながらも日焼けをしており、日焼けは軽いヤケドのようなものなので、軽い炎症を起こしてます。その炎症を沈め、メラニンを増やさないようにするのがイオン導入の役目です。 また、微弱電流を流すことで肌の血行促進や水分の浸透もよくできるので、日焼けで失われた張りや潤い補給にもなります。 今こそイオン導入が必要だと私は思います。 レイクリニックでは、イオン導入に超音波を追加したスペシャルバージョンもご用意しております。 担当は看護師または看護助手が承ります。痛くないので、イオン導入中は寝てしまう方もいれば、色々な相談をする方も… レイクリニックの院長は話しやすいと有名なので先生には言えない事はあまりないのですが、例えば… 先生には話しにくい金額の相談や、次行う治療の相談、スキンケアの相談だけではなく、仕事の悩み、家庭の困り事、子育ての悩み、恋愛相談まで、色々話す時間に当てる方も沢山います。人に話すだけで自分の考えがまとまったり、何かに気づく事がありますので、私たちはこの時間も大切な時間と考えております。 イオン導入は10分程、超音波イオン導入は30分程のお時間になります。 私を含め、わりと波瀾万丈な人生を歩んでいるスタッフばかりなので、どんな相談でもドンと構えて患者様に寄り添い聴いておりますよ。イオン導入はそのものの効果はもちろん、素敵な効果があると私は信じてます。 中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

こんにちは。
レイクリニックの看護師、中村です。
美白の為のオススメな治療の案内をしております。
①フォトフェイシャル
②超高濃度ビタミンC点滴
③マッサージピール
④イオン導入
⑤スキンケア(日焼け止め)
⑥サプリメント(飲む日焼け止め)
⑦肌の摩擦をなくす
本日は③マッサージピールです。
マッサージピールは肌の奥(真皮)に効かせて肌を元から健康にする治療です。肌の角質を除去するピーリングとは異なり、お肌が弱い方でも施術出来ます。
ピーリング剤の主成分はトリクロロ酢酸と過酸化水素水、コウジ酸です。配合に工夫がされており痛みやダウンタイムはほとんどありません。
トリクロロ酢酸といえば…
ひと昔前に某有名人がピカピカのツルツルになるために、海外で治療したと噂されるピーリング剤です。日本でも昔は治療しているクリニックもありましたが、ダウンタイムがひどすぎて、顔は真っ赤で皮剥けボロボロでとても外には出られない状態でした。痛みも半端なく全身麻酔を使ってすることも…。
効果はいいけど、ダウンタイムの事を考えると気軽にはできない治療でした。
そのピーリング剤が他の成分との配合により、ダウンタイムや痛みを最小限に、効果は最大限に発揮できるようになったのです。私は「このピーリング剤を開発してくれた人、ありがとう!」と心の中で叫びました。
なにせ、このピーリングは
・コラーゲン生成促進
・血行促進
・メラニン生成抑制
・抗酸化作用
・抗炎症作用
上記に挙げた効果が期待できます。
施術中に少しピリピリと感じますが、痛みはほとんどありません。ほんのり赤くなることもありますが、数分から数時間で落ち着きます。そして直ぐに肌がツルッとし張りがでるのがわかります。
角質除去を目的としていないので、今までピーリングが恐くてできなきなかった人もこのピーリングはできます。むしろ、肌を健康にするのでおすすめです。痛みやダウンタイムを気にせず気軽にできて、直ぐに効果を感じるのが、この治療の良さです。
特に今の時期は、日焼け後の肌の張りを回復させたり、透明感のある肌に導きます。この暑さで肌に疲れを感じてる方はマッサージピールを是非試してみてはいかがでしょうか。
レイクリニックではマッサージピールの施術は看護師が担当しております。
レイクリニックの看護師はどうしたらもっと良くできるか、患者さんが気持ちいいと思うのはどんな施術か、などよく話し合います。1人1人、個性は強いけど(笑)院長と同じく、いや負けないくらい患者様を良くしたい!という想いで施術をしています。
中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

こんにちは。 レイクリニックの看護師、中村です。 美白の為の治療について、先日のブログで下記のものを挙げました。各詳細をご案内しております。 ①フォトフェイシャル ②超高濃度ビタミンC点滴 ③マッサージピール ④イオン導入 ⑤スキンケア(日焼け止め) ⑥サプリメント(飲む日焼け止め) ⑦肌の摩擦をなくす など 本日は②高濃度ビタミンC点滴のことです。 ビタミンCは身体にとって必要なビタミン類で、体内で作られないため外部から取り入れなければなりません。 メラニンの合成抑制、抗酸化作用、コラーゲン生成促進など美白や美肌には欠かせない成分です。 ただ、口から食べ物や、サプリメント、内服薬から取り入れたビタミンCは大量に取っても腸で吸収出来る量には限界があります。 ビタミンC注射のビタミンC製剤は、ビタミンCを補う用に作られていて、大量に注射するようのものではありません。 レイクリニックの高濃度ビタミンC点滴は25g(25000mg)を直接全身に取り入れる事ができます。ビタミンCの効果ははもちろんのこと、高濃度に急速に体内に入れることによって得られる効果というのが、高濃度ビタミンC点滴の良さだと私は思います。 なかなか取れないくすみ、肌の色を少しでも白くしたい、日焼け前後には特におすすめしたいです。 ビタミン注射やニンニク注射の様に、直後から何か効いてる!という感覚はあまりないが、「肌が白くて綺麗ね」と言われるようになった、という患者様の感想が多いです。 治療を受けてみた方が本当の良さがよくわかりますので、1度試しに受けてみてはいかがでしょうか? 今、とても暑く体の疲れだけではなく、脳も疲れています。治療の時間は体格にもよりますが、30分~1時間半くらいです。この時間は点滴しながら本を読んだり、携帯をみたり、自由に過ごせますが、私のおすすめは何も考えず脳を休める時間にすることです。 中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

2018/07/12

どんな肌も美白に導くレイクリニックのフォトフェイシャル

こんにちは。 レイクリニックの看護師、中村です。   先日のブログで挙げた美白の為の治療をそれぞれご案内していきます。   まずは①フォトフェイシャルです。   7月のメルマガ等でご紹介の通り、レイクリニックでは波長の異なるフィルターと照射サイズをたくさん取り揃えてます。   フォトフェイシャルは様々な症状に効果があるのがメリットです。肌を綺麗にする治療としては右に出るものはない!と私は思っています。 治療をしていると「この人の肌はもう一息こうしたい」とか「このしみを消すためにはピンポイントで光を当てたい」などあらゆる症状に対応したくなります。それを可能にしてくれるのがフォトフェイシャルm22です。 フィルターのバリエーションが多ければ、一人一人のベストな肌を目指した治療が出来ます。 照射サイズが選べれば、攻めの治療も出来、ダウンタイムが少なく早く結果が出せます。   だから、フォトフェイシャルは紫外線の影響の多いこの時期でも、美白肌をキープ出来るのです。   しかし、この時期にフォトフェイシャルで美白をキープするためには、患者様一人一人の肌を診断出来る事がまず大切です。   例えば、この「しみ」はどんなしみか? そこを見極める観察力が我々美容に携わる医療スタッフ(医師、看護師など他スタッフ)には必要です。その情報を元に医師は的確な診断が出来ないとなりません。   もちろん経験も活かされますが、医師が患者様の肌を診る姿勢が一番大切かも…と最近つくづく思います。「この人の悩ましいしみを取りたい!」と想ってないと取れるものも取れないのではないか…   そもそも、医療者側に「人助けをしたい」という想いがないと、患者様はクリニックを信用できないのでは?患者様がクリニックを信頼して治療に挑むと不安は解消され、結果につながるのではないか… 私はそう考えています。 不安を抱えたままの状態はストレスがかかります。ストレスは体内の活性酸素をつくり、免疫力を低下させます。フォトフェイシャルを筆頭に創傷治癒効果を利用した治療は美容には数多くあり、不安の解消が良い結果を生み出すのは根拠がある、と私は考えているのです。   夏に美白をキープするためにフォトフェイシャルは欠かせません。そして治療を受ける時にはご自身とクリニックの信頼関係も良い結果を出す要素となります。不安や悩みは一緒に解決していきましょう! 中村    

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

こんにちは。
レイクリニックの看護師、中村です。
早くも梅雨が明け、長い夏になりそうです。今年は紫外線を浴びるトータル時間はかなり増えるのではないでしょうか。
そんな今年でも、私は美白に自信があります。焼ける気がしません!と、宣言して、自分を追い込むのが好きなので、あえて美白宣言をしました。
なぜ、自信があるかというと、美白の為に何が必要かを知っている事。レイクリニックにその治療があるからです。
攻め(紫外線)に対して守るすべを知れば、紫外線の強いこの時期だからこそ美白しようと思うのです。
早くその守るすべを教えろよ!と思われた方、お待たせ致しました。下記より、美白に欠かせない治療等をご案内します。
治療方法を挙げると…
①フォトフェイシャル
②超高濃度ビタミンC点滴
③マッサージピール
④レーザートーニング
⑤イオン導入
⑥スキンケア(日焼け止め)
⑦サプリメント(飲む日焼け止め)
⑧肌の摩擦をなくす
※ハイフや高周波などのたるみの改善を目的とした治療は皮膚の奥(真皮層)に熱刺激を加えます。その結果皮膚が活性化して、新陳代謝が良くなり、表面の肌も健康な状態に生まれ変わってくれます。その結果、肌に透明感が出て白くなります。たるみの治療をしたら、ついでに美白まで手に入れられる治療です。
長くなってしまうので、それぞれの治療の詳細は後日ご案内したいと思います。
わたしは宣言した手前、いや、美白の為に全て行います。というか、毎年やってます!元々お世辞でも「肌白いわね~」って言えない私の肌も今や美白の仲間に入れてもらえてるかな?
ご興味あれば、是非クリニックにお越し下さいませ。お待ちしております。
中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

1 2 3 »|

お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

診察は完全予約制で賜っております。電話受付時間外はお問い合わせからご連絡お願いします。

メールのご相談・お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3569-3255
  • お問い合わせ
  • メルマガ登録

最新エントリー

ブログテーマ

  • よくあるご質問
  • レイクリニックのtwitter

ページの先頭へ