1. HOME
  2. ブログ
  3. しわやたるみは予防が出来る!

こんにちは。

レイクリニックの看護師、中村です。

 

加齢に伴うしわやたるみ症状は予防が出来ます。

 

例えば、年をとると腰が曲がる症状は腹筋と背筋が弱くなる為に起こる症状です。これはインナーマッスルと言われるコアの筋肉を鍛える事で予防出来るのはご存知の方が多いのではないでしょうか。

 

骨粗鬆症も年と共に骨の中のカルシウムが失われていく症状で、カルシウムを食物やサプリメント等で補う事で予防します。

 

同じく加齢症状であるしわやたるみもボトックスで予防が出来ます!

 

ボトックスはしわの治療で有名です。誤解されている方や漠然とした不安を抱えてる方がいらっしゃいますので、どのような治療なのか、薬の作用を説明し、不安が少しでも解消されたらと思います。

 

ボトックスは…

・しわやたるみを作る筋肉が凝り固まっている部分を和らげる

 

・しわやたるみを作っている表情筋の使い方が悪い癖のようになっている場合に、その筋肉が発達しないように動きを制限する

 

主にこのような作用のある治療です。

(顔が動かなくなる、怖くなる。などというのはボトックス治療ではありません。)

 

と、いうことは…

筋肉が凝り固まる前にボトックスをすれば、しわやたるみの予防になります。表情筋の動かし方が悪い癖になる前に止めて、良い筋肉を鍛えていけば、しわやたるみの予防が出来るということになります。

 

ならば…

しわやたるみは予防した方がいいに決まってる!

 

電車に乗った時に人間ウォッチングをしてみると、20代と見られる若い方が眉間にしわを寄せたり、アゴに梅干しのようなしわを作りながら携帯を見ている姿を何人も目にします。

 

このまま年を重ねれば…

・怒ってないのに眉間に縦じわが入り、線になる

 

・アゴの梅干しじわは常に出ている状態となりアゴが潰れて見え、シャープなラインが失われる

 

このような症状が出てから治す事も可能ですが、線になってしまったものを治すのはボトックスだけでは難しく、他の治療も必要になります。

 

なので、やはり予防の方が良いでしょう。20代から始めても早過ぎるということはありません。

 

私も初めてボトックスをしたのは20代です。約20年程前からずっと続けてます。予防していたので、自分の父や母が眉間のしわが線になっていましたが、私は40過ぎても線にはなっていないので、予防出来ている!と思っております。

 

中村

 

追伸

昨年から表情筋の筋トレも始めました。顔も体と同じく筋トレしないと衰えますし、筋トレじゃないと改善出来ないたるみがあるのです。

表情筋の筋トレについてはまた改めてブログに書きます!

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

診察は完全予約制で賜っております。電話受付時間外はお問い合わせからご連絡お願いします。

メールのご相談・お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3569-3255
  • お問い合わせ
  • メルマガ登録

最新エントリー

ブログテーマ

  • よくあるご質問
  • レイクリニックのtwitter

ページの先頭へ