1. HOME
  2. ブログ
  3. 「MD-コード」という治療について

こんにちは、

レイクリニックの看護師、中村です。

 

先日、ヒアルロン酸やボトックスの会社のアラガン・ジャパンさんに来ていただき、勉強会をしました。

医療は常に進化しています。自分達の知識や技術も常に善いものにして患者様に提供出来るようにレイクリニックは定期的に勉強会をしています。

 

私は美容の看護師として働き始じめ17年以上経ちましたが、働き始めた頃と今では美容医療技術は格段に上がったと実感しております。

 

その一つにヒアルロン酸やボトックスの治療があります。今回勉強したヒアルロン酸の注入方法「MDコード」という治療方法はお顔のポイントにヒアルロン酸を注入する方法です。基本はビスタシェイプ、ビスタアイで行っていた方法で、その方法がブラッシュアップ致しました。

 

ヒアルロン酸を注入したら顔がパンパンになる、ボトックスをしたら表情がなくなるというのは、治療方法の問題だと思います。

 

今はヒアルロン酸をしたら痩せてやつれて見える人はふっくらと若々しくなり、頬が重くたるみのある人はリフトアップし痩せたように見えるのです。

不思議に思うかもしれませんが、これは何が原因で今の症状(悩み)が起きているのか、その根本を取り除くように治療するからです。

 

ほうれい線が気になるからと、ほうれい線の溝を埋めるだけでは、根本的な解決ではありません。何が原因か、何が問題か、そこにアプローチし治療していくことが大切です。根本的な原因を治療するということは、若かった頃の顔の構造に戻すように、ヒアルロン酸を注射します。ほうれい線の溝だけに注射するよりも自然でヒアルロン酸を注射したようには見えません。尚且、顔をその人の良さを引き出すように顔のバランスを整えると、顔を変えている訳ではありませんが何故か綺麗に魅力的に見えるのです。例えば、目の周りの支持組織をヒアルロン酸で補うように注射すると目が開けやすくなり大きく見えます。口元も顎周りの長さや大きさを補うように注射するだけで、顎がシャープで小顔に見えるのです。

 

この「MD-コード」という治療は大袈裟な事をするのではなく、時間を戻す、映えるメイクをする、そのような感じの変化やもう少しこうだったらいいのに…を叶えてくれます。注射方法ですが、何日も休まなくてはならないような治療ではなく、誰にでも適応のあるとても良い治療だと私は思っております。

 

中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

診察は完全予約制で賜っております。電話受付時間外はお問い合わせからご連絡お願いします。

メールのご相談・お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3569-3255
  • お問い合わせ
  • メルマガ登録

最新エントリー

ブログテーマ

  • よくあるご質問
  • レイクリニックのtwitter

ページの先頭へ