1. HOME
  2. ブログ

こんにちは、

レイクリニックの看護師、中村です。

 

先日、ヒアルロン酸やボトックスの会社のアラガン・ジャパンさんに来ていただき、勉強会をしました。

医療は常に進化しています。自分達の知識や技術も常に善いものにして患者様に提供出来るようにレイクリニックは定期的に勉強会をしています。

 

私は美容の看護師として働き始じめ17年以上経ちましたが、働き始めた頃と今では美容医療技術は格段に上がったと実感しております。

 

その一つにヒアルロン酸やボトックスの治療があります。今回勉強したヒアルロン酸の注入方法「MDコード」という治療方法はお顔のポイントにヒアルロン酸を注入する方法です。基本はビスタシェイプ、ビスタアイで行っていた方法で、その方法がブラッシュアップ致しました。

 

ヒアルロン酸を注入したら顔がパンパンになる、ボトックスをしたら表情がなくなるというのは、治療方法の問題だと思います。

 

今はヒアルロン酸をしたら痩せてやつれて見える人はふっくらと若々しくなり、頬が重くたるみのある人はリフトアップし痩せたように見えるのです。

不思議に思うかもしれませんが、これは何が原因で今の症状(悩み)が起きているのか、その根本を取り除くように治療するからです。

 

ほうれい線が気になるからと、ほうれい線の溝を埋めるだけでは、根本的な解決ではありません。何が原因か、何が問題か、そこにアプローチし治療していくことが大切です。根本的な原因を治療するということは、若かった頃の顔の構造に戻すように、ヒアルロン酸を注射します。ほうれい線の溝だけに注射するよりも自然でヒアルロン酸を注射したようには見えません。尚且、顔をその人の良さを引き出すように顔のバランスを整えると、顔を変えている訳ではありませんが何故か綺麗に魅力的に見えるのです。例えば、目の周りの支持組織をヒアルロン酸で補うように注射すると目が開けやすくなり大きく見えます。口元も顎周りの長さや大きさを補うように注射するだけで、顎がシャープで小顔に見えるのです。

 

この「MD-コード」という治療は大袈裟な事をするのではなく、時間を戻す、映えるメイクをする、そのような感じの変化やもう少しこうだったらいいのに…を叶えてくれます。注射方法ですが、何日も休まなくてはならないような治療ではなく、誰にでも適応のあるとても良い治療だと私は思っております。

 

中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

2017/03/21

ボトックスで美しい口元を

こんにちは、

レイクリニックの看護師、中村です。

 

普段は文字ばかりのブログですが、今回はまずお写真をご覧ください。

山室さんオトガイ前

山室さんオトガイ後

最近とても好評を頂いているレイクリニックの症例写真です。同じ人物を撮影している治療前後の写真です。

上の写真は顎に力を入れている訳ではありませんが、自分では無意識なのに力が入ってしまっているのです。これは表情筋の癖によるもので無意識なので知らないうちに何度もこの表情をしているのです。電車の中を見渡すと携帯を見ている人の中に顎に力が入って梅干しじわができていたり、口角が下がっている人がいらっしゃいます。おそらく皆さんこの表情に気づかずしていると思います。

 

この表情筋は年齢と供に固くなり、元々シャープで綺麗だったのが、顎が平坦につぶれて見えてしまいます。

 

治療方法はボトックス注射です。オトガイ筋と口角下制筋に注射します。顎の梅干しじわは消え、口角は自然と上がるようになります。

若い方でも顎に力が入ってしまうタイプの方は、凝り固まる前にボトックスする事をおすすめします。

 

口角を下げる表情筋にボトックスをすると自然と口角が上がるようになりますが、笑顔を作る表情筋を鍛える事も大切です。表情筋を鍛えるエクササイズを一緒に行うと老化予防に効果的ですし、美しい笑顔に自然となります。

レイクリニックでは表情筋エクササイズをスタッフ全員が只今習得中です。マスターしたらまたご報告致します。

 

中村

 

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

2017/03/10

ご心配お掛けしております

院長の衣原です。

2月中は私が急な手術入院となり、急遽ご予約変更頂いた患者様、

ご迷惑お掛けして誠に申し訳ありませんでした。

重い病気ではないかと引き続きご心配頂くお声もあるようです。

元気に復帰しております。

温かいお言葉頂戴し、ありがとうございました!

 

治療は急ぎで決まりましたが、手術すれば治る目の病気を患いまして、

治療後は順調に回復しております。

退院後の診療にも影響がなく、復帰後注入治療などもいつもどおり行っています。

 

3月4月は学会の他、私の子供が小学生になるため、

私用でクリニックを留守にしてしまう日もあります。

引き続きご迷惑お掛けして大変申し訳ありません。

できるだけご要望に添えるよう努めます。

ご愛顧のほどよろしくお願い致します。

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

診察は完全予約制で賜っております。電話受付時間外はお問い合わせからご連絡お願いします。

メールのご相談・お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3569-3255
  • お問い合わせ
  • メルマガ登録

最新エントリー

ブログテーマ

  • よくあるご質問
  • レイクリニックのtwitter

ページの先頭へ