1. HOME
  2. ブログ
  3. 日焼けしてしまってもケアすれば光老化は防げる

2016/06/24

日焼けしてしまってもケアすれば光老化は防げる

こんにちは、

レイクリニックの看護師、中村です。

 

紫外線対策について常日頃偉そうに

患者様方へ指導している立場でありながら、

今年の春から自分の紫外線対策が

出来てませんでした。そしたら、

あっという間にしみが出来てしまいました。

紫外線対策をしないと本当にしみが出来ると

身をもって体験。これ、しみだけではなく、

たるみの原因にもなると思い…反省。

何故、今年は出来なかったかと申しますと…

子供が外で遊ぶ歳になると、

無防備に焼けるものですね。

以前はなるべく光を避けて生活(外出時は日焼け止めバッチリ&日傘は絶対)していたのに。

一瞬でも目を離すとどこかへ行ってしまう

息子と一緒では日傘なんてさせない。

帽子を深くかぶると周りが見えないので

頭しか防御してない状態でかぶっている為、

顔は直射日光当たりまくり。


そんな日々を送っていたら、

あっという間に目の下に多数のしみ。

このまま夏を迎える訳にはいきません!

何かケアをしなければ!

頼りになるのはフォトフェイシャル。

出来て直ぐのしみだったので、

見事に1度で消失。

やはり素晴らしいこの治療!

普段、日焼け止めやサングラス、日傘、

帽子などの紫外線対策はもちろん必要です。

それでも100%防ぐ事は難しいですし、

分かっていても出来ない時もあります。

光老化は防御することが基本ですが、

日焼けした後からでもケアをすれば、

老化の進行を食い止める事が出来ます。

ケアの基本はやはりフォトフェイシャルです。

日焼けをしたら治療出来ないと言われますが、

よほど真っ黒く焼けてない限り、

出力調整をしながら治療可能です。

定期的なフォトフェイシャルは

光老化の進行を抑えてくれます。

照射後数日経ちますが、日焼けしたことが

リセットされたようです。

もちろん来月も照射しようと思います。


既に日焼けしてしまったなぁーという方、

諦めないで下さい。

ケアは今からでも遅くありません!

 

また、日焼けの影響がある時に

フォトフェイシャルに追加すると

良い治療があります。

もちろん、普段から美白対策としても

おすすめです。

・日焼けが強い場合や早く白くしたい場合

→超高濃度ビタミンC点滴

・全体にくすみがある場合

→レーザートーニング

・くすみもあるが、乾燥も強く、肌荒れを起こし赤みもある

→イオン導入や超音波導入、スキンケアの見直し

肌質や症状により

適宜追加すると良いですよ。

私は夏に向け定期的にフォトと

超高濃度ビタミンC点滴をします!

中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

診察は完全予約制で賜っております。電話受付時間外はお問い合わせからご連絡お願いします。

メールのご相談・お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3569-3255
  • お問い合わせ
  • メルマガ登録

最新エントリー

ブログテーマ

  • よくあるご質問
  • レイクリニックのtwitter

ページの先頭へ