1. HOME
  2. ブログ

ヒアルロン酸注入療法がどんどん進化しています。
これまでのほうれい線や目尻などのシワ上に直接注入するやり方は古い治療法です。

今やヒアルロン酸を用いてリフトアップし、補助的にほうれい線や目尻などのシワにヒアルロン酸を少量追加する、そんな治療法が世界的に主流となりつつあります。
従来のヒアルロン酸治療法より圧倒的に効果的で、自然だからです。

 

従来のヒアルロン酸は注入量が過剰になると不自然になりやすい治療法でした。
これは皮膚の浅い部分に限局して注入を行っていたためです。(過剰なヒアルロン酸は溶かして元に戻すことができます)
現在は皮膚全層を治療範囲とし、たるみの原因となる筋肉や腱、脂肪層にヒアルロン酸を症状に合わせて補うことで治療します。
このようなヒアルロン酸注入法は、日本に限らずヨーロッパやアジア全域で導入が始まっています。
ヒアルロン酸の治療法が改まることで、世界中の医師が若返り治療の本当の意味を知ることになった、と感じています。
それほど治療効果が斬新で自然です。ヒアルロン酸でなければ治療できない症状があることが分かってきたなと思います。
ヒアルロン酸はリフトアップに使用すべきであり、シワ治療には過剰に用いるべきではないと思います。
たるみが改善すればシワも消失するためです。

レイクリニックではこのような注入療法を「ヒアルロン酸リフト」と呼びます。

 

ヒアルロン酸リフトは、たるみ治療のひとつで、中顔面というほうれい線から目尻の高さまでの頬中央をリフトアップする治療法です。
頬中央の治療に特化した点がビスタシェイプとは異なります。(*ビスタシェイプは中顔面のリフトアップに限らず、口周りや額、こめかみなどの部位も含めて総合的なシワ・たるみ修正を行う治療です。)ヒアルロン酸リフトはビスタシェイプのミニマムな治療とお考え下さい。

ヒアルロン酸リフトのヒアルロン酸注入部位は左右各3~4か所です。
リフト後ほうれい線などシワが気になる部位に補助的に少量のヒアルロン酸を追加します。
4月のキャンペーンとしてヒアルロン酸リフトをご紹介しますのでお楽しみに…

 

 

院長衣原でした。
ブログではご無沙汰しておりました。
昨年はビスタシェイプやヒアルロン酸リフトなど新しい治療法を通じてヒアルロン酸注入法を極める努力を致しましたが
今年は基本にかえり、肌を綺麗にする基本治療フォトフェイシャルのエキスパートとして、治療法をより良くすべく努力致します。
また近々新しい治療を導入しますのお楽しみに。

患者様がどんな症状も治療をあきらめずに済むよう引き続き努力致します。

 

コメントをどうぞ

コメント

金澤弘恵2016-05-11 09:16:16

主人が以前他の皮膚科で眼瞼下垂の治療をしたのですか、1、2ヶ月でとれてしまいました。次は、切る治療をしたいのですが、仕事に行ってもはれが目立たないか心配なようなのですが、はれは、目立ちますでしょうか?

2016/03/22

チーム医療

こんにちは、

レイクリニックの看護師、中村です。

先日、チーム医療が大切だと

感じられた事が何件か続いたので

今回はチーム医療について。

 

チーム医療とは、

1人の患者様に複数のメディカルスタッフ

(医療専門職)が連携して、

治療やケアに当たることです。

 

レイクリニックでもこのチーム医療を

実践しています。

患者様を中心に

医師、看護師、看護助手・受付皆が

1人の患者様に対して

『絶対にこの人を善くする!綺麗にする!』

という意識で治療をしております。

美容も医療である以上、

チーム医療で治療をしていく方が

絶対に結果が良いと私は思います。

 

レイクリニックではクリニック理念を

元にスタッフ一人一人が本気で

患者様の事を考え行動し、

一丸となって治療にあたっています。

数年前にスタッフ皆で決めました、

クリニックの理念はこちら↓


いつでも見られるように、

スタッフルームに額に入れて

掲示してます。

 

レイクリニックはこのような

チーム医療をしているクリニックです。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

中村

 

※おまけですが…

このような美容皮膚科で働きたい!

という患者様思いの看護師を

募集しております。

応募方法はクリニックに

お電話又はホームページの

お問い合わせまでご連絡下さい。

担当:中村

 

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

2016/03/15

安全で確実な脱毛とは

この時期、脱毛を考えている方も

多いのではないでしょうか?


今や脱毛未経験の方が少なく、

一般的になった脱毛治療。

脱毛はご存じの方もいると思いますが、

医療行為です。

脱毛は医師または看護師のみが法律で

施術を認められています。

毛の毛母細胞の破壊をしなければ

再び生えてきます。脱毛をするには、

毛母細胞の破壊が出来る

熱エネルギーが必要です。

このエネルギー量は医療機器じゃないと

だせません。ただし、強すぎては

皮膚もその影響を受けてしまいます。

皮膚にダメージを与えず

毛母細胞の破壊を成立させるには

毛の太さ・密度、皮膚の色や

乾燥状態など様々な要因を元に

設定していく必要があります。

患者様の皮膚がどんな状態か

見極めが出来ないと、脱毛するために

必要なエネルギーの設定が

まず不可能です。

 

また、照射後の反応している

皮膚の状態を診て、それが正常か異常か、

異常であれば何をするべきかの判断が

出来る人が脱毛の施術をするべきです。

それが出来てこそ、

安心、安全、確実な脱毛が成立します。

すみません…。

少し堅苦しい内容になってしまい

ましたが、脱毛の事を少しでも

理解して頂きたいのです。

「何回やっても毛が減らないのは、

自分が毛深いからしょうがない」

というのは毛深い事が原因ではなく、

もしかしたら、その方にとって適切な

エネルギーで脱毛がされていないのかも

しれません。

もちろん、脱毛は1、2回では

終了しません。毛には周期があり、

成長期の毛にしか脱毛効果がありません。

皮膚の中で眠っている休止期の毛や、

抜け落ちる寸前の毛母細胞から

離れている毛は、レーザーを当てても

脱毛されません。その為間隔を開けて

回数が必要な治療です。

部位や毛や皮膚の状態で多少差は

ありますが、例えばワキなら

約2ヶ月毎に5~8回で

ほぼ永久脱毛が可能です。

また、医療レーザー脱毛の

熱エネルギーは、コラーゲンの再生も

促すため、皮膚に対しても良い影響が

あります。毛を無くし肌もツルツルに

なるのが医療レーザー脱毛の

良いところです。

余談ですが、

元々アザの治療をレーザーでしていた時

患者様の毛が薄くなっているのを発見し、

そこからレーザー脱毛器が

開発されました。日本人向けに

脱毛レーザーが開発され20年弱経ちます。

私は16年前にレーザー脱毛治療に携わり、

自らも治療を受けました。

当時、私が勤務していたクリニックでは

両ワキで費用が30万円程しました。

それから爆発的に脱毛レーザーが

普及し始め、脱毛が一般的になりました。


一般的になった脱毛。

毛の悩みを解消するための治療方法です。

その脱毛行為自体で悩む事がないように、

皆様には正しい知識と、

安全で確実な脱毛をしている病院で

治療を受けて頂きたいと願っております。

中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

2016/03/01

スキンケア その④日焼け止めについて

こんにちは、

レイクリニックの看護師、中村です。

今回は

「スキンケアその④日焼け止めについて」です。

日焼け止めで一番大切なのは、

適切な量と塗り方です。

適切な量と塗り方次第で紫外線による老化は

驚くほど防ぐ事が出来ます。

実際に私自身、量と塗り方を変えて

シミやくすみの出方に違いを

実感しております!

フォトフェイシャルの治療や美白剤、

ビタミンC等の内服、美白の化粧品を

使っているのにシミやくすみが出る方、

日焼け止めの使い方を見直してみて下さい。

SPF50・PA++++という表示がされている

日焼け止めを使用しているなら、

せっかくなのでこの効果を

最大限活かしましょう。

まず、量です。

だいたい500円玉くらいが目安です。

この量を使用している方が意外と

少ないのが現状です。

時折、レイクリニックの治療後に

患者様のスキンケアを拝見させて頂くと

米2粒くらいの量を顔に伸ばしている方が

います。

これではまったく紫外線を防御出来ません。

量が少ないとおのずと顔を擦ることにもなり

肌に負担がかかります。

そして塗りムラもでき、肌の色ムラの

原因にもなります。

そんな方がいると思わず

「量はこのくらい使って下さい!」

と実際に出してご案内すると

「えー、こんなに塗るの?」

とビックリされます。

この量を使用したら肌に悪そうと

思う方もいますが、少ない量の日焼け止めを

顔に擦り伸ばす方が肌に悪く、

尚且つ表示されている日焼け止めの

効果もでません。それは、日焼けによる

光老化をダイレクトに受けることになり、

より肌に悪いのです。

 

次に塗り方です。

500円玉を手に取り両頬、額、鼻、顎、首と

両手で顔を擦らないように

優しく伸ばします。

その後、手のひらで顔を覆うように

馴染ませます。紫外線を防御するために

顔に1枚ベールをするイメージで、

擦らないように馴染ませます。

以上が適切な量と塗り方になります。

 

日焼け止めを塗る順番は、

スキンケアが終わってメイクの前です。

最近は日焼け止め自体が下地になるものが

多くあり、私もそのタイプを使用して

おります。

化粧下地で日焼け止め効果もある

というものは、紫外線を防御する力が

弱いものが多いので、

「日焼け止め」は必ず使用してください。

 

日焼け止めには紫外線吸収剤と

紫外線散乱剤と2種類の紫外線を防御する

方法があり、肌への刺激や塗り心地、

白浮きなどメリット、デメリットが

ありますが、最近はどちらのデメリットも

改善できる工夫がしてあるものが

多くなりました。

よほど紫外線吸収剤に過敏な肌でなければ、

両方入っているタイプのSPF50・PA++++の

ものが紫外線を防御する効果が高いです。

レイクリニックでは、

ラロッシュ・ポゼとプラスリストアの

日焼け止めを置いてあります。


メイクをせず日焼け止めだけしか

塗ってないという日でも、

日焼け止めを塗ったらクレンジングを

してくださいね。

スキンケアはやり方次第で肌を良くもし

悪くもします。

皮膚の性質を知りご自身に合ったスキンケアを

行うと肌は良く変化します。

良いスキンケアを習慣にすると、

誰もが美肌を目指すことが出来ますよ!

中村

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

診察は完全予約制で賜っております。電話受付時間外はお問い合わせからご連絡お願いします。

メールのご相談・お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3569-3255
  • お問い合わせ
  • メルマガ登録

最新エントリー

ブログテーマ

  • よくあるご質問
  • レイクリニックのtwitter

ページの先頭へ