1. HOME
  2. ブログ

2014/08/25

追記:ママと子どもの健康ブログ「日焼け後の対策」

定期的に寄稿しているベネッセのブログ、ママと子どもの健康ブログを
この度も書かせて頂きました。

他の医師と共同でリレー投稿しているこのブログも
開始当時よりどんどん読者が増えて多くの方にお読み頂いているそうです。

今回は日焼け後の対策について。

http://blog.benesse.ne.jp/health/

 

ブログを寄稿した後の診療で

夏の外出時に日焼けをしたという患者様にたくさんお会いしたので、

日焼けについてもう少し追加してここに書いておきたいと思います。

うっかり日差しの強い場所で数時間過ごした結果、

肩や背中、首が赤くなってしまった方は参考にして下さい。

何もしないと、赤みを伴う日焼けの後、

しっかり黒く色素沈着する方がほとんどです。

 

まずは紫外線による赤みはやけどと考え、是非ともすばやく処置をして下さい。

少なくとも赤みがある間はしっかりしっかり冷やす必要があります。

日本人は赤みの後、少しずつ黒く色素沈着する方が多いため、

赤みをできるだけ早く落ち着かせて、色素沈着の治療を始めるのが後々の影響を少なくします。

 

色素沈着は

トランサミン内服、ハイドロキノン外用、色素が強い場合はレーザーやフォトフェイシャルなどを用いて治療を行います。

 

 

外出時、紫外線が強いな、紫外線の中にいるなと思ったら

できるだけ早く日陰に移動することをおすすめします。

SPF値とは、塗った後赤くなるまでの時間の目安とお考え下さい。

SPF30と書かれた日焼け止めをお使いの場合、

それほど強くない日差しの中でも60分いれば赤みが出現します。

SPF50の商品をお使いでも、

紫外線が大変強い場所にいると、しっかり赤くなりますのでご注意下さいね。

(肌タイプによりこの反応は異なります。反応には個人差があります)

 

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

2014/08/25

成長には訳がある

今回のブログは話を変えて私ごとを…

実は私、全日本女子バレーボールチームのファンでございます。

眞鍋監督の元、活躍し続けているチームをずっと見守っています。

オリンピックの銅メダルに続き、
今夜の銀メダル、素晴らしかったですね!
でもまだまだ余力があると感じました。金メダルも夢じゃないんだ…とこれからの成長を想像してドキドキしています。

成長の影には、眞鍋監督の着実な戦略があります。戦略があればチームがこんなにも成長する、と爽やかに見せつけられている気がします。

何事にも、
成長には訳がある!

彼女らの成長に勇気付けられ、
私もビジョンを胸に戦略を実行して、頑張ろうと思います。

レイクリニックに関わった全ての患者様が、
いつもいつまでも若々しくあることに幸せを感じていただけますよう…

コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

診察は完全予約制で賜っております。電話受付時間外はお問い合わせからご連絡お願いします。

メールのご相談・お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3569-3255
  • お問い合わせ
  • メルマガ登録

最新エントリー

ブログテーマ

  • よくあるご質問
  • レイクリニックのtwitter

ページの先頭へ