1. HOME
  2. ブログ

2013/10/28

美容クリニックの方針

昨日ある医療業者さん主催のセミナーに参加しました。

中でも印象的だったのは、代表医師の診療方針を聞くものでした。

肝斑、ニキビ、たるみ、毛穴の治療内容が、代表医師によりそれぞれ異なっていたのです。

 

一般の患者様は皆さまは

美容クリニックのメニューが同じであれば同じ施術が受けられる、

治療すれば結果は皆同じく若返る、

とお考えだと思います。

 

しかし実際のところは

患者様の症状に合わせて医師がどういう診療方針で治療をすすめるか、で

選択する治療、すすめられる治療は異なり、

おのずと治療結果も変わってきます。

 

どこが改善すると若返るのか、というのは

医師によって価値観や主義に大きな違いがあるな、と最近特に感じています。

 

 

目指す治療結果が

シミがないこと、
しわがないこと、
皮膚が綺麗なこと、
目が老化しないこと、
頬にたるみがないこと、

のどこに焦点を当てるかで、治療結果は実は大きく変わります。

 

また主に用いる治療手技も

手術治療
高周波などたるみの治療
フォトフェイシャル治療
レーザー治療注射
注入による治療
点滴治療
内服外用

どれを診療の中心にしているか、により

治療結果は大きく変わってきます。

 

いかがでしょうか。

今の治療はご希望に合っていますでしょうか。

 

レイクリニックの方針はというと、、、バランスよく治療法を選択すること、です。

シミをなくす、たるみをなくす、眉間のシワをなくす、など

患者様のご希望を第一に治療を選択していますが

次に、できるだけ良い結果を導くためには

フォトフェイシャルなど肌を綺麗にする治療、ボトックスやヒアルロン酸などの注入療法、たるみ治療などを

症状に合わせてバランス良く行うことが大切、と考えています。

そしてできる限り自然な結果で、治療により本来お持ちの個性をなくさないよう努めています。

(例えばたるみがあるのに過剰な注入治療を積極的に行うと治療結果は不自然なものになります)

 

患者様のご要望は眉間のシワや口元のたるみ、右頬のしみ、など具体的なことが多いのですが、

全体的に若々しくしたい、というのがきっと本来のご希望であると思います。

このような場合はバランスよい治療を症状に合わせてご提案できるのでお気軽にご相談下さい。

コメントをどうぞ

コメント

Hazhee2014-05-04 04:00:59

Created the greatest arlstcei, you have.

2013/10/11

レイクリニックは開院7年目を迎えました

レイクリニックは2007年10月10日に開院し、

今月で7年目を迎えました。

 

私が美容医療に携わるようになった10数年の経過で、美容皮膚科医療は様々な変化を遂げました。

美容皮膚科医療は当初ケミカルピーリング→Qスイッチレーザー→ボトックス、コラーゲン注射などの治療を中心としていましたが、

フォトフェイシャルの発明に続きサーマクールやフラクショナルレーザーなど、様々な医療機器の開発が進み

現在は見た目の老化をある程度抑えることができる時代と言えます。
(良い時代を迎えることができて幸せだなと思います。誰しも老化は受け入れ難いものですから。。。)

 

まだまだ治癒率を高める治療技術の開発は進むと期待されます。

10年間の変化を振り返りながら、これから10年の変化に期待して、、、

患者様皆さまにより良い将来をお約束できるよう、知識・技術の習得を継続して続けます。

 

10年来、また開院以来お世話になっている患者様皆さまに心より感謝申し上げます。

患者様がお知り合いの方に肌が綺麗と言われたり、ご自身の肌に満足される様子を拝見するのが、

私たちの生き甲斐です。

 

今後ともどうぞよろしくお願い致します。



コメントをどうぞ

コメント

コメントはまだありません。

2013/10/10

目のサーマクールを経験

目のサーマクール治療を受けました。
実は初めて経験しました。
これまで何故受けなかったか?
治療が必要なことに気付かなかったからです。笑
目のサーマクール治療により患者様の目元が変わるのを毎日見てはいましたが、
目の周り以外の部分に気を取られて、自分自身では目のたるみの治療優先度が高くなかったのです。

ところが最近メイクさんや化粧品販売に関わった方が口を揃えておっしゃることが、
20代など、若い人でも目元の老化は早く、目のたるみの有無でメイク後の印象が全然違ってくる、 というお話。
それは早めに治療をうけなければ…と、とうとう目のサーマクールを初体験。

治療を受けてびっくりしました。

治療直後より腫れぼったい目元がスッキリ、そして開眼がものすごく楽で軽いのです。
二重の幅が小さくなってたばかりでなく、上まぶたが厚く、重くなっていたことに、治療して初めて気付きました。
コラーゲンやヒアルロン酸を失って真皮が萎縮するとまぶたのたるみを生じますが、
眼球を保護している脂肪が、皮膚がたるむことで前に突出してきます。 二重の幅が狭くなるだけでなく、
目の周りが腫れぼったくなるのもたるみによる現象の一部で、サーマクールにより軽快する症状なのです。

目元の印象の違いだけで、お顔全体のたるみが軽快したような印象も得ることができます。

目元の印象が軽くなったので、アイシャドウを軽い色に変えてみました。
お化粧しやすいばかりでなく、目の印象を生かしたメイクを意識するようになりました。
先生印象が変わった、と言われますが、サーマクールの結果です。

二重の幅が狭くなったので手術をしようとずっと話していた看護師の中村さんは、
目元のサーマクールを経験してから手術すると言わなくなりました。笑
よかった(^^)

まぶたがたるんだ、二重の幅が狭くなった、まぶたが厚く思い、など
年齢による目元の変化をお感じの方に目のサーマクールをおすすめします。

コメントをどうぞ

コメント

Johng462014-05-26 06:44:53

I like the helpful information you provide for your articles. Ill bookmark your blog and check again right here frequently. I am quite certain Ill be informed many new stuff proper right here! Best of luck for the next! efbbbeffedad

お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

診察は完全予約制で賜っております。電話受付時間外はお問い合わせからご連絡お願いします。

メールのご相談・お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3569-3255
  • お問い合わせ
  • メルマガ登録

最新エントリー

ブログテーマ

  • よくあるご質問
  • レイクリニックのtwitter

ページの先頭へ